menumenu

がんゲノム医療

がんゲノム医療とは?(がんゲノム情報管理センターへ)

パネル検査の種類 概要 診療体系 適応
OncoGuideTM NCC
オンコパネルシステム
【対象遺伝子】
124
【使用する検体】
腫瘍+血液
保険診療 【検査の対象となる患者さん】

  • 標準治療がない固形がん患者さん
  • 局所進行若しくは転移が認められる標準治療が終了となった固形がん患者さん(終
    了が見込まれる方を含む。)
  • 関連学会の化学療法に関するガイドライン等に基づき、全身状態及び臓器機能等から、本検査施行後に化学療法の適応となる可能性が高いと主治医が判断した患者さん。

【FoundationOne® Liquid CDxがんゲノムプロファイル】の場合

  • 上記に加え、以下どちらかに該当される方となります。
  • 腫瘍組織検体がない、あるいは準備が難しい患者さん。
  • 固形腫瘍の腫瘍細胞を検体として実施したがんゲノムプロファイリング検査において、包括的なゲノムプロファイルの結果を得られなかった患者さん。
FoundationOne® CDx
がんゲノム
プロファイル
【対象遺伝子】
324
【使用する検体】
腫瘍
FoundationOne® Liquid CDx
がんゲノム
プロファイル
【対象遺伝子】
324
【使用する検体】
血液

Guardant360

【対象遺伝子】
74
【使用する検体】
血液
自費診療 【検査の対象となる患者さん】

  • 腫瘍組織の検体が準備できない希少がん・原発不明がん・標準治療抵抗性のがんの患者さん
  • パネル検査が2回目以降の患者さん
  • 自由診療の場合は、原則として治療費は全額負担となる可能性があります。

がんゲノム特別外来を受診される方へ 

がんゲノム特別外来へご紹介頂く先生へ

病理組織検体取寄せ依頼書