menumenu

Cardio-oncology ユニット 診療案内

[ 診療案内 | 診療実績 ]

 

本邦では国民の約2人に1人が生涯のうちにがんと診断されると推計されています。がんは未だ日本人の死因の第一位を占めますが、がん治療技術の進歩や診断技術の向上、がん検診の充実により、本邦における生命予後は飛躍的に改善しており、がんサバイバーの数も増加してきています。

一方で、化学療法や放射線治療は心血管系にも副作用を及ぼす可能性があり、時には治療の継続を困難とさせるだけでなく、生命に直結する問題となりえます。腫瘍循環器学(Cardio-oncology)はこのような医療現場のニーズから生まれた新たな分野であり、世界的にも注目されています。当院では循環器医、がん専門医、放射線治療医、薬剤師 など多職種を含めて連携をとることにより、安心して適切ながん治療を受けて頂けるような体制づくりを進めています。具体的には、がん治療を開始する前のリスク評価、がん治療中のモニタリング、心血管障害発症時の診断と管理、がん治療終了後の長期フォローなど、診療科の枠を越えてがん患者さんの心臓を守る取り組みを行っています。

 

Cardio-oncologyユニットメンバ-リスト(2024年5月)

受診やセカンドオピニオンを御希望の方は、 地域医療連携室 電話 075-751-3110 へご相談下さい。