京都大学医学部附属病院京大病院がんセンター Kyoto University Cancer Center




脳腫瘍・小児脳腫瘍ユニット 診療案内

[ 診療案内 | 診療実績 ]

がん診療部脳腫瘍ユニットは 1997年から始まったラジオサージュエリー外来(放射線治療部・脳外科グループ診療)、2006年から始まった小児脳腫瘍外来(放射線治療部・小児科・脳外科グループ診療)を母体とした外来診療を主に行っています。

ラジオサージェリー外来は定位放射線治療の対象となりうる患者さんの紹介を受け、外来で適応を決め、施行日には放射線科・脳外科と合同で定位放射線治療を行ってきました。また、施行後の患者さんのフォローも合同診療で行い、治療の効果、合併症の出現についても共同で検討しています。現在は定位放射線治療の適応患者だけでなく、良性及び悪性脳腫瘍の患者さんの紹介も受け手術・放射線治療・化学療法等の集学的治療の可能性のある疾患を広く扱っています。

小児脳腫瘍外来は小児科・放射線科・脳外科の合同診療です。紹介患者さんは小児期の脳腫瘍患者さんが主体であり、腫瘍の種類による治療方針をその場で検討し、各科の立場からの詳しい説明を行っています。具体的には手術に関しては脳外科、放射線治療に関しては放射線治療部、化学療法に関しては小児科の担当者が中心となって説明を行うと同時に、入院後の連携や協力の元をこの場で築いています。

月に一回は合同のカンファレンスを開き、共通入院患者さんの治療状況の報告と今後の治療方針の検討を行っています。

メンバー(※:ユニット長)

放射線治療科 溝脇尚志 片桐幸大 宇藤恵
小児科 足立壮一 平松英文 梅田雄嗣 才田聡
脳神経外科 ※荒川芳輝 丹治正大 峰晴洋平