京都大学医学部附属病院京大病院がんセンター Kyoto University Cancer Center




小児がんユニット 診療案内

[ 診療案内 | 診療実績 ]

小児がんは、化学療法の導入、手術技術、画像診断の進歩により、治療成績は著明に向上し、悪性腫瘍でありながら、多くの場合治癒が期待できる疾患となっています。しかし、適切な診療を行うためには、専門施設で、関連する診療科、部署が十分に連携し、集学的治療を行う必要があります。また、小児においては、治療中、治療後も成長・発達を続けるという点が重要で、治療やケアを考える上で成人と異なった配慮が必要です。
小児がんユニットでは、小児科、外科系各科、放射線治療科が連携して、迅速で正確な診断、治療方針の決定をし、化学療法、手術、放射線治療といった異なる治療法を切れ目なく円滑に行っています。各部署の高い専門性を生かし、骨・軟部腫瘍を含めすべての小児がんに対応することが可能です。週1回カンファレンスを行い、新規症例および治療中患児の状態や検査結果を様々な角度から詳細に検討し、診断や治療方針を決定しています。小児脳腫瘍については脳腫瘍ユニットで対応しています。
小児がん診療では、本人の成長・発達と家族を含めたトータルなケアが重要です。当ユニットでは、看護師、緩和ケアチーム、臨床心理士、保育士、理学療法士、作業療法士、栄養士、院内学級等他職種と協力して、よりよいケアを行います。 私たちは、初診時から各部署が円滑に連携することで、小児がん患者ひとりひとりに最善の治療を提供することを目指しています。

メンバー(※:ユニット長)

小児科 足立壮一 ※平松英文 梅田雄嗣
小児外科 岡島英明
病理診断科 羽賀博典
整形外科 岡本健
耳鼻咽喉科 楯谷一郎
泌尿器科 寺田直樹
放射線治療科 溝脇尚志
眼科 畑匡侑