京都大学医学部附属病院京大病院がんセンター Kyoto University Cancer Center




緩和ケアセンター

[ 診療案内 | 診療実績 ]

当院は、京都府がん診療連携拠点病院として質の高いがん医療を提供するとともに、緩和ケアの拡充を目指しています。

緩和ケアセンターでは、当院の緩和ケアを提供するだけでなく、地域での緩和ケアチーム・緩和ケア外来・緩和ケアを提供するだけでなく、地域での緩和ケアチーム・緩和ケア外来・緩和ケア病棟等を有機的に統合することも目標としています。

  1. 患者さんの身体的苦痛や心理社会的苦痛などのスクリーニング
  2. 緊急緩和ケア病床の確保(緊急入院体制の整備)
  3. がん患者カウンセリング
  4. 専門相談支援
  5. 地域連携支援
  6. 教育・研修
  7. 診療情報の集約・分析

などの活動を行い、緩和ケアの拡充を図っていきます。

なお、当院は2009年4月1日より「緩和医療学会認定研修施設」となっています。

1. 緩和医療科外来
緩和医療科外来は、がん治療を受けておられる患者さんの様々な身体症状や精神症状を緩和することを目的とした専門外来です。当院に通院中の患者さんを対象としていますので、希望される場合は外来主治医にご相談ください。(月、木、金曜日)

2. がんサポートチーム(緩和ケアチーム)
がんサポートチーム(緩和ケアチーム)は、がん患者さんが患っておられる様々な症状(痛み、吐き気、呼吸困難、不安や心配、眠れない、気分が落ち込むなどの気持ちのつらさなど)を緩和することを目的とした、多職種からなる医療チームです。患者さんの病期に関係なく、医師・看護師・薬剤師・ソーシャルワーカーなどの専門家が協力して、入院中の患者さんを対象として支援しています。

当院のがんサポートチームは厚生労働省の定める緩和ケア診療加算の基準を満たしており、入院の方につきましてはサポート開始から終了まで緩和ケア加算が算定されます。

メンバー(※:ユニット長)

緩和医療科  ※恒藤暁 谷向 仁  木原歩美 前田紗耶架
  諏訪直子 山極哲也