京都大学医学部附属病院京大病院がんセンター Kyoto University Cancer Center




乳がんユニット 診療案内

[ 診療案内 | 診療実績 ]

乳がん治療は手術療法、化学療法、内分泌療法、分子標的治療、放射線療法などを適切に組み合わせることによって治療成績が向上します。当院の治療方針決定にあたっては、乳腺外科を軸として、外来化学療法部、放射線治療科、放射線診断科、病理診断部、集学的がん診療部から各専門医が集まり議論したうえで、個々の患者さんにあった最適な治療を提供することを心掛けております。

当ユニットではさらに以下のような工夫をしています。

1:複数の専門家が複数回にわたって画像を読影し、読み落としや誤った判断をしないように最大限の努力をしています。

2:分子診断法を用いて再発リスクの評価を個別に行い、本来、予後良好な乳がんと必ずしもそうではない乳がんを見分け、個人に合わせたより適切な治療方針をたてるようにしています。

3:可能な限り乳房を温存し、腫瘍が大きい場合には術前に化学療法や内分泌療法、分子標的治療等を行い、腫瘍を縮小させた後に手術を行っています。乳房切除の場合には形成外科と共同で乳房再建手術を考慮します。

4:いちばん転移しやすいリンパ節だけを取り除くセンチネルリンパ節生検を取り入れています。

5:臨床研究として乳がん細胞数や血管内皮細胞数の変動を調べることによって治療の有効性を確認し、個々の患者さんごとの治療内容の最適化をはかっています。

6:治療成績向上につながると思われる新しい薬、新しい診断・治療法の開発を行っています。いくつかの研究においては、国内外の拠点としての中心的な役割を担っています。

その後、患者さんと相談し、治療方針に基づいて担当となる科で対応いたします。

メンバー(※:ユニット長)

乳腺外科 ※鈴木栄治 戸井雅和 佐藤史顕 高田正泰
竹内 恵 川口展子
放射線治療科 吉村通央 高山賢二 小野幸果
放射線診断科 金尾昌太郎 片岡正子 三宅可奈江
病理診断科 桜井孝視 片岡竜貴