menumenu

がん登録

京都大学病院では、「院内がん登録」を実施しています。

がんの種類、進行度(ステージ)、その治療の分布を把握し、国や都道府県のがん対策に役立てること等を目的としています。

登録対象:当院で診断や検査、治療の対象となった以下①~④の腫瘍 (ただし、登録済み腫瘍の転移再発は除く)

①悪性新生物(がん、血液腫瘍)、上皮内癌
②髄膜または脳、脊髄、中枢神経系に発生した腫瘍の良性及び良悪性不詳の腫瘍
③一部の境界悪性型卵巣腫瘍
④消化管間質腫瘍

★1腫瘍につき、1件の登録を行います。⇒ 登録件数=患者数、ではありません。
★同じ患者さんに、複数のがんが存在する場合は、専用のルール(SEER2018準拠)で
 独立したがんと判定できれば、新たに登録します。
★入院、外来の区別はしません

 

院内がん登録2018年診断症例全国集計データより 【京都府】がん拠点病院

                    グラフをクリックして拡大できます。

★セカンドオピニオンのみの症例は含まれていません。
★各病院で登録したデータは、国立がん研究センターが集計し「全国集計」として公開します。
★全国集計では、個人が特定されるのを防ぐため9件以下の少数症例は実数非公開ですが、以下の通り数字を置き換えてグラフ化しています。

(1-3) ⇒ 2  (4-6)⇒ 5  (7-9)⇒ 8

データ出典:国立がん研究センター「院内がん登録 全国集計 結果閲覧システム」 https://jhcr-cs.ganjoho.jp/hbcrtables/search-result.aspx?UnitType=1

院内がん登録2018年診断症例全国集計データより【京都大学病院】部位別登録件数

データ出典:国立がん研究センター「院内がん登録 全国集計 結果閲覧システム」 https://jhcr-cs.ganjoho.jp/hbcrtables/search-result.aspx?UnitType=1

【京都大学病院】来院経路の割合

【京都大学病院】来院経路の割合

データ出典:国立がん研究センター「院内がん登録 全国集計 結果閲覧システム」
https://jhcr-cs.ganjoho.jp/hbcrtables/search-result.aspx?UnitType=1

院内がん登録2018年診断症例全国集計データより 【京都大学病院】ステージ別の治療状況

ここからは、各部位の病期別初回治療の実施状況についてお示しします。
ただし、ここで表す治療状況は当院の全てではありません。

自施設で初回治療を実施した症例のみを対象とし、診断から約5ヶ月の間に実施されたものを集計しています。
(他院で初回治療を終了した後に当院を受診した症例や「診断のみ」「セカンドオピニオンのみ」の場合などは集計に含んでいません)
★全国集計では個人が特定されるのを防ぐため、9件以下の少数症例は実数非公開ですが、以下の通り数字を置き換えてグラフ化しています。

(1-3) ⇒ 2 (4-6)⇒ 5  (7-9)⇒ 8

 

胃

Ⅰ期では、内視鏡手術を多く行っています

データ出典:国立がん研究センター「院内がん登録 全国集計 結果閲覧システム」
https://jhcr-cs.ganjoho.jp/hbcrtables/search-result.aspx?UnitType=1

結腸

Ⅲ期までは、手術のみの治療(内視鏡手術、腹腔鏡下手術を含む)を多く行っています。

データ出典:国立がん研究センター「院内がん登録 全国集計 結果閲覧システム」
https://jhcr-cs.ganjoho.jp/hbcrtables/search-result.aspx?UnitType=1

直腸

Ⅱ期までは、手術のみ(内視鏡手術、腹腔鏡下手術を含む)の治療を多く行っています。 Ⅲ期からは、薬物療法も多く行っています。

データ出典:国立がん研究センター「院内がん登録 全国集計 結果閲覧システム」
https://jhcr-cs.ganjoho.jp/hbcrtables/search-result.aspx?UnitType=1

肝(肝細胞癌)

Ⅰ期では、肝動脈塞栓術、肝動注化学療法、レーザー焼灼治療を多く行っています。 Ⅲ期からは、薬物療法も多く行っています。

データ出典:国立がん研究センター「院内がん登録 全国集計 結果閲覧システム」
https://jhcr-cs.ganjoho.jp/hbcrtables/search-result.aspx?UnitType=1

肝内胆管

Ⅲ期までは、手術治療を多く行っています。

データ出典:国立がん研究センター「院内がん登録 全国集計 結果閲覧システム」
https://jhcr-cs.ganjoho.jp/hbcrtables/search-result.aspx?UnitType=1

肺(小細胞癌)

全期を通じて、薬物療法を行っています。 Ⅱ期以降は、放射線治療も行っています。

データ出典:国立がん研究センター「院内がん登録 全国集計 結果閲覧システム」
https://jhcr-cs.ganjoho.jp/hbcrtables/search-result.aspx?UnitType=1

 肺(非小細胞癌)

Ⅰ期では、手術のみの治療を行うことが多いです。 Ⅲ期以降では、放射線や薬物療法を多く行っています。

データ出典:国立がん研究センター「院内がん登録 全国集計 結果閲覧システム」
https://jhcr-cs.ganjoho.jp/hbcrtables/search-result.aspx?UnitType=1

乳房

0期では、手術のみの治療も多いですが 全期を通じて、放射線や薬物療法と併用して行う治療を多く行っています。

データ出典:国立がん研究センター「院内がん登録 全国集計 結果閲覧システム」
https://jhcr-cs.ganjoho.jp/hbcrtables/search-result.aspx?UnitType=1

前立腺

Ⅰ期では、その他の治療(監視療法を含む)が他の病期よりも多く行われています 全期を通じて、薬物療法を行っています。 当院で手術のみの症例であっても『地域連携パス』を利用するなどして近医で術後の薬物治療を実施される場合もあります。

データ出典:国立がん研究センター「院内がん登録 全国集計 結果閲覧システム」
https://jhcr-cs.ganjoho.jp/hbcrtables/search-result.aspx?UnitType=1

子宮頸部

Ⅰ期までは手術のみの治療(円錐切除術を含む)を行うことが多いです。 Ⅱ期以降では、放射線や薬物療法などの治療を多く行っています。

データ出典:国立がん研究センター「院内がん登録 全国集計 結果閲覧システム」
https://jhcr-cs.ganjoho.jp/hbcrtables/search-result.aspx?UnitType=1

食道

Ⅰ期までは内視鏡手術のみの治療を行うことが多いです。 Ⅱ期以降では、薬物療法を組み合わせて行う治療を多く行っています。

データ出典:国立がん研究センター「院内がん登録 全国集計 結果閲覧システム」
https://jhcr-cs.ganjoho.jp/hbcrtables/search-result.aspx?UnitType=1

膵

薬物療法を多く行っています。

データ出典:国立がん研究センター「院内がん登録 全国集計 結果閲覧システム」
https://jhcr-cs.ganjoho.jp/hbcrtables/search-result.aspx?UnitType=1

イラスト:https://www.ac-illust.com/

受診やセカンドオピニオンを御希望の方は、 地域医療連携室 電話 075-751-3110 もしくは、 相談支援センター 電話 075-751-4748 メール ctsodan@kuhp.kyoto-u.ac.jp へご相談下さい。