京都大学医学部附属病院京大病院がんセンター Kyoto University Cancer Center




頭頸部がんユニット 診療案内

[ 診療案内 | 診療実績 ]

頭頸部領域は咀嚼、嚥下、発声、呼吸などの生命維持、および生活の質(QOL)の維持のために欠かせない機能を有している場所であり、この領域に発生する頭頸部がん(口腔がん、咽頭がん、喉頭がんなど)はこれらの機能を著しく障害します。従って、これらの治療にあたっても根治性と同時に機能面の配慮が必要です。現在、頭頸部がんの治療では、機能を極力温存するために、手術、放射線療法、化学療法を組み合わせた集学的治療が行われ、各患者さんに応じた柔軟な対応が必要になります。当ユニットにおきましては、耳鼻咽喉科・頭頸部外科医と放射線治療医、腫瘍内科医とが共同で患者さんの診察にあたり、最も適切な治療法を相談・決定しております。

当ユニットでは、進行がんに対しても次のような機能温存を目指した治療を行っております。

機能温存手術

頭頸部がんは多くの機能を担っている場所ですので、手術的に大きく切除すると機能障害が発生します。当ユニットでは病巣を確実に切除するとともに機能を極力残すような機能温存手術を行います。

IMRT

IMRT(強度変調放射線治療)は、コンピュータの助けを借りて病変のみに放射線を集中して照射できる革新的な治療技術です。これにより合併症を軽減しながら根治性を高めることが可能となりました。当院は高精度放射線治療のパイオニアとして日本の放射線治療をリードしております。

導入化学療法

局所進行した大きな腫瘍では、治療効果が不十分となったり、肺などへの転移をきたしやすくなります。導入化学療法は抗がん剤を用いてできる限り腫瘍を縮小させたうえで、手術や放射線療法の効果を高めるために用います。また、遠隔転移の予防にも効果があるといわれております。

メンバー(※:ユニット長)

耳鼻咽喉科・頭頸部外科 ※北村守正 岸本 曜 原田博之
がん薬物治療科 野村基雄
 放射線治療科 吉村通央 中島良太