京都大学医学部附属病院京大病院がんセンター Kyoto University Cancer Center




膵臓がんユニット 診療案内

膵臓がんは進行が早く、診断から治療方針決定までの迅速さが特に要求される疾患です。京大病院膵臓がんユニットでは、外科医・内科医・放射線科医が協力し、原則として1週間以内に初期評価を行い、治療方針を速やかに決定し、最も効果的な集学的治療をより円滑に行う方針としています。また、神経内分泌腫瘍(NET)、膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)、膵炎などの膵臓疾患に対しても、専門的な治療を行っています。
ユニット外来は毎週金曜日に開いています。初診日は午前中に問診、診察と必要な検査の予約を行います。その日の午後の膵臓がんユニット検討会においては検査結果、患者さんの状況を詳細に検討し、推奨すべき治療方針を決定します。その後、同方針に基づき各診療科の専門医師が説明に当たり、個々の患者さんの希望に合わせて最終的な決定を行い、治療を開始します。
膵臓がんの初期治療としては、大きく分けて、手術、放射線治療、化学療法の3つの方法があります。京都大学の膵臓外科グループでは年間80例を超える膵臓関連手術を行っており、全国でも有数の手術経験を有しています。さらに、低侵襲な腹腔鏡手術やロボット支援手術も積極的に行っています。放射線治療科においては精度の高いシステムを活用し、緻密な治療計画に基づいた侵襲の少ない治療を行っています。特に新規抗がん剤を組み合わせた化学放射線療法においては良好な治療成績を報告しています。また、消化器内科においては、種々の抗がん剤を用いた全身化学療法を行うとともに、胆管炎や胆管狭窄など、原疾患に由来する様々な合併症に対処しQOLの改善にもあたっています。
また、膵臓がんの患者さんの中には、疼痛や嘔気、食欲不振など、様々な症状や悩みを抱えておられる方が少なくありません。当ユニットにおいては、緩和ケアチームの協力のもと、初期の段階から速やかに緩和的治療を開始し、少しでも早く患者さんの苦痛を取り除くことを目指しています。
膵臓がんの診療の過程においては、これらを組み合わせた総合的な判断と集学的な治療や処置が求められます。当ユニットにおいては、さらなる治療成績の改善を目的に、全ての関連診療科が連携して、下記のような臨床試験を行っています。初診時より各診療科が連携することで、質の高い医療の提供を提供するように努めています。
臨床試験の概要
1.局所進行膵癌に対する強度変調放射線(IMRT)を用いた化学放射線療法
2.切除可能性境界(Borderline Resectable)膵癌に対するIMRTを用いた術前化学放射線療法
3.切除後膵癌に対するゲムシタビンおよびクレスチン(PSK)による術後補助化学療法
4.ダビンチサージカルシステムによる低侵襲膵臓手術

メンバー(※:ユニット長)

肝胆膵・ 移植外科 ※高折恭一 川口義弥 増井俊彦 穴澤貴行
   仲野健三
放射線治療科 後藤容子 芦田  良
先制医療・生活習慣病研究センター 磯田裕義
 放射線診断科 有薗茂樹 大野亜矢子
消化器内科 児玉裕三 宇座徳光 福田晃久 西川義浩
山内雄揮 津田喬之
がん薬物治療科 松本繁巳 金井雅史 松原淳一 高 忠之
片岡滋貴 近藤知大 土井恵太郎