京都大学医学部附属病院京大病院がんセンター Kyoto University Cancer Center




婦人科腫瘍外来 診療案内

[ 診療案内 | 診療実績 ]

<診療案内>

・婦人科がんは年々増加し日本では毎年2万人強が罹患します。
・腫瘍の組織型と病変の拡がりを検討し、患者さんの病態に応じて、手術・放射線・薬物治療を組み合わせた個別化治療を行います。
・根治を目指す一方で、妊孕能・排泄機能に配慮した機能温存治療や、早期社会復帰を可能にする低侵襲治療にも取り組んでいます。

子宮頸がん
病変が子宮頚部にとどまるⅠ期が半数を占めます。Ⅰ期では、排泄機能温存に配慮した手術治療の対象となりますが、Ⅱ期以上では、関係各科と合同で手術を行うのか、放射線治療に抗がん剤治療を組み合わせた化学放射線治療を行うのか、患者さんごとに協議して最適な治療法を選択します。
腫瘍が大きい場合は、化学療法で腫瘍を縮小させてから手術か放射線治療を選択できます。若年者では子宮体部を温存する手術(トラケレクトミー)を行い、術後の赴任治療から妊娠管理までトータルライフのケアを行います、症例によっては、今知性が高く、また低侵襲で傷が目立たないロボット支援下の内視鏡手術も選択することができます(自費診療)。

子宮体がん
手術治療に抗がん剤を組み合わせた治療を行います。病変の拡がりに応じて手術範囲を決定しますが、積極的に腹腔鏡手術を行うことで、手術範囲が広くてもできるだけ早期退院が望める治療を提供しています。若年者の初期病変では子宮を温存し、子供を産むことも可能な場合があります。

卵巣がん
目に見える病変を無くすことが根治への一番の近道となるため、関係各科と合同で切除手術を行い、手術前後に病理組織型に応じた抗がん剤治療を行います。分子標的治療や免疫治療の開発や、卵巣がんのリスク低減手術や再発がんの治療にも積極的に取り組んでいます。

<ユニット外来日>
金曜午後

<ユニットカンファレンス>
月・水・木

メンバー(※:ユニット長)

産科婦人科 松村謙臣 ※馬場長 近藤英治 濱西潤三
堀江昭史 山口建 安彦郁 伊藤美幸
村上隆介 宮本泰斗
放射線治療科 高山賢二 後藤容子