京都大学医学部附属病院京大病院がんセンター Kyoto University Cancer Center




集学的がん病床 – 入院がん診療のご案内

京大病院では、積貞棟1・2階を「京大がんセンター」と位置づけ、1階を外来がん診療部門、2階を入院がん診療部門として運営しています。
入院がん診療部門では、抗がん薬治療・放射線治療・外科治療・内視鏡治療など様々な治療を併用し、診療科の垣根を越えた「集学的がん治療」を実践するがん治療専門病棟として診療を行っています。

また、現在のがん治療の多くは外来治療が中心になっていますが、体力低下やがん治療に伴う合併症のある症例などでは、入院がん診療と外来がん診療の密な連携が必要となります。
高度に専門化した現代のがん治療を実践するためには、がん診療に精通した各分野の専門スタッフが集まり、総力を挙げて患者さんの治療にあたるチーム医療が不可欠です。

われわれは、入院患者さんについても外来がん診療と同様に「臓器別がんユニット」において各診療科の専門医が集まって治療方針の検討を行い、最適な外来治療へスムーズに移行できるよう最善を尽くしています。

京大がんセンターの「集学的がん治療病棟」では, 外来がん診療部門と連携して、医師・看護師・薬剤師などのすべてのスタッフが理想的ながん治療の実現を目指して、患者さん中心のがん診療を実践しています。

積貞棟外観 4床室
患者食堂 積貞特別B

 

個室のご案内はこちら