menumenu

食道がんユニット 診療案内

[ 診療案内 | 診療実績 ]

食道がんユニットは、消化管外科、消化器内科、放射線治療科、耳鼻科・頭頸部外科、腫瘍内科の各専門医で構成され、京都大学を受診された全ての食道がん患者さんそれぞれの病状に応じた最適な治療方針についての検討を行っています。科学的根拠に基づいた標準治療の実践を心がける一方で、JCOG等の臨床研究への参加を通じて新しい治療法の開発にも積極的に取り組んでいます。

胸部食道がんに対する手術では、胸腔鏡、腹腔鏡を用い、体にやさしく、かつ正確で緻密な手術を提供しています。2018年より最新型のDa Vinci Xiを用いたロボット手術も通常保険診療として行っています。

頸部食道がんの患者さんに対しては、耳鼻咽喉科・消化管外科が協力して行い、進行した場合に発声に携わる声帯という組織をいかに温存できるかに取り組んでいます。

手術が適当でない、あるいは手術を希望されない患者さんに対しては、内視鏡による治療(内視鏡的粘膜切除[EMR]および内視鏡的粘膜下層剥離術[ESD])と化学療法・放射線療法を核として、これらを組み合わせた低侵襲治療の開発にも取り組んでいます。食道がんによる通過障害に対しても内視鏡的治療を積極的に行い、生活の質(Quality of Life:QOL)の向上をめざしています。放射線治療後の食道内再発に対しては、病変に応じて、内視鏡的切除(ESD)や光線力学療法(PDT)による食道温存の可能性を追求いたしますが、難しい場合は救済手術(サルベージ手術)も胸腔鏡下に行っています。

転移・再発を来した場合など化学療法(抗がん剤治療)が必要な症例については、外来化学療法室を活用して外来ベースの化学療法を行っており、必要に応じて近隣病院や開業医の先生方と連携し、在宅医療や緩和ケアの導入ができるような体制を作っています。

毎週水曜日
AM8:00 カンファレンス(当日受診される方全員の治療方法を検討)
PM1:30 外来診察開始(全診療科で診察にあたります)

※初診で受診される場合には、午前中に受診していただき、各種検査を行ってから治療方針を決定しています。

 

受診やセカンドオピニオンを御希望の方は、
地域医療連携室
電話 075-751-3110
もしくは、
がん相談支援センター
電話 075-751-4748
メール ctsodan@kuhp.kyoto-u.ac.jp
へご相談下さい。