menumenu

脳腫瘍・小児脳腫瘍ユニット 診療案内

[ 診療案内 | 診療実績 ]

がん診療部脳腫瘍ユニットは1997年から始まった脳腫瘍(ラジオサージュエリー)外来、2006年から始まった小児脳腫瘍外来を行っています。

脳腫瘍外来

脳腫瘍外来は、良性・悪性脳腫瘍の患者さんを対象に手術・放射線治療・化学療法の集学的治療について診療を行っております。脳腫瘍の治療では、神経機能を温存しながら腫瘍を適切に制御することが大切です。そこで、従来の治療法に加えて、最先端の治療法を駆使することになります。治療後の経過観察も重要です。治療の効果、合併症について放射線治療科・脳神経外科のチームで診療しています。

特に対象としている疾患 ・神経膠腫(グリオーマ) ・松果体腫瘍 ・下垂体腫瘍 ・髄膜腫 ・転移性脳腫瘍 ・中枢神経系原発悪性リンパ腫 ・遺伝性脳腫瘍 ・稀な脳腫瘍

 

 

小児脳腫瘍外来

小児脳腫瘍外来は、小児科・放射線治療科・脳神経外科のチームで診療を行っています。小児期の脳腫瘍の患者さんを対象に腫瘍の種類に応じた適切な診断や治療を提供しています。小児脳腫瘍合同カンファレンスでは、これまでの豊富な症例経験から患者さんの治療状況や治療方針を検討し、より良い治療が提供できるように議論を重ねています。

特に対象としている疾患 ・髄芽腫 ・胚細胞腫 ・神経膠腫 ・脳幹グリオーマ(DIPG) ・松果体芽腫 ・稀な小児脳腫瘍

受診やセカンドオピニオンを御希望の方は、
地域医療連携室
電話 075-751-3110
もしくは、
相談支援センター
電話 075-751-4748
メール ctsodan@kuhp.kyoto-u.ac.jp
へご相談下さい。